hiyokorea Daily🐣

K-POP、韓国旅行、遠距離日韓カップルの日常などをほぼ毎日更新しています♪

【韓国旅行】チムジルバンで迷わない為の手順

アンニョン♪


今回のデートでは久し振りにチムジルバンに行きました!


チムジルバンは韓国ツアー団体旅行や

新大久保のサウナで入ったことあります。


ですが、ツアーだと日本語ができるスタッフさんに案内されるがままですよね。


個人旅行だと韓国語だらけだし、

いざとなると手順が分からなくて私自身右往左往していました笑


お恥ずかしながら、韓国語勉強中ではあるもののやはり実践となるとまた話は別で、全く話せなくなる。大丈夫なのか…


なので、今回は韓国語分からない方向けに改めてチムジルバンの入る手順を紹介したいと思います!


まず、チムジルバンって何?と思う方の為に簡単に説明します!


チムジルバンは日本で言うスーパー銭湯のようなものです。



色んな温泉やサウナ、岩盤浴があります。

ほとんどの施設が嬉しい24時間営業なので終電逃した時などに泊まれます。笑


私が行ったチムジルバンは8号線のチャンジ駅近くにあります。


パークハビオウォーターキングダム&スパという名前でホテルとつながっているチムジルバンです!


名前にウォーターキングダムとある通り、プールも併設されています。(写真撮り忘れましたごめんなさい🙏


まず、入り口から入って受付です。

受付終わると番号が言い渡されます。


汗蒸幕(ハンジュンマク)は男女同じなのですが、最初にお風呂に入るので別れます。


右が女子で左が男子でした!

下駄箱があるので言い渡された番号に入れます。


f:id:nheena1657:20190425110857j:plain


私は1235でした!

靴を入れてリストバンドを取るとロックがかかります。


いざお風呂へ!!!



お風呂場の方へ進むと汗蒸幕用の服とタオルを渡されます。


ここで韓国語でMサイズよりSサイズの方がいいですよね?って話しかけられて


あっ……ねー…しか言えませんでした←

コミュ障過ぎる😇


さらに進むと脱衣所があります。

脱衣所でも言い渡された番号のロッカーに服、貴重品を入れます。


お風呂に入ります。

お風呂の入り方は日本と同じです!

メイクを落としてから入り、体を洗って湯船やサウナを楽しみます。


入り終わったら汗蒸幕用の服に着替えて、オッパと待ち合わせしました!


階段を上ると寝転べるスペース、飲食スペースマッサージ機など寛げる空間が広がっています。


汗蒸幕は低音のものから高温(45度から90度)のものまで多様に用意されていました。


涼む用の5度という部屋もありましたよ👀

(寒くて3秒で出ました。笑


汗蒸幕は高温と低温を行ったり来たりするといいらしいです。3回くらい。


韓国のアイドルがチムジルバンに行くとヤンモリ(ひつじ頭)してるのを見て憧れてやってきました!(暗くてごめんね

f:id:nheena1657:20190425113329j:plain


たくさん汗をかいてすっきりしたところでシッケ(韓国の甘酒)も飲みました!

美味しかった!

f:id:nheena1657:20190425113525j:plain

かぼちゃのシッケは売り切れてたので普通のシッケを注文しました。


お支払いはリストバンドをピッとすると、帰りに受付で支払うという形でした。


便利ー!


私は平日の午前に行ったのでかなり空いていてとても静かでしたが、

夜行くとかなりの利用客でうるさいらしいです。


帰るときはお風呂の脱衣しょに荷物あるので忘れら人いないと思いますが、忘れずに!笑


メイクは脱衣所にだだっ広い髪乾かしたりするところがあるのでそこでします。

(何か日本語おかしい。


鏡もすごく大きいです😌


メイクのノリがとても良くてびっくり!

韓国の方が肌綺麗なのはこれがあるからなのかもしれない…!


汗蒸幕の後、汗だくでシャワーを浴びたくなりますが、シャワーするのは良くないらしいです。


彼が言ってました。


汗蒸幕の壁が炭だったりします。

シャワーを浴びるとその炭の良い成分も流れてしまうかららしいです。


初耳でした🤔


お風呂とかそう言う場所なので写真少なめでごめんなさい🙇‍♀️


長くなりましたが今日はこの辺で!


それではアンニョン♪